スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヴェネツィア発、リスボン・カリブ経由、カリカット行き

 さて、前回の記事の最後にリスボン経由でカリカに行くことが決まってしまった僕だったが…。
 ↓前回のラスト
 らぶ考古7
 ゾウクエって遠くに飛ばされるのが多い気がする…。

 カリブ方面の地図がたまっていたこともあって…。
 「地図やった後に西回りでカリカにいけばいいや。」
 …などと無謀なことを思い立った。 
 そして、最初の目的地であるリスボン王宮へ。

 ブラガンサ公に面会し、改めてインドへ行けという内示を得…。
 旅支度を整えるために銀行へ。
 そして、ふとPFの状況を見てみると…。
 設置している道具の耐久状況がやばかった。
 ということで、西回り航路は却下されたのであった…。

 これが今回の旅の大まかな航路図である。
 layer01_map-550.jpg
 赤線が今回の旅のルート、青線が通常のルート。
 地図は大商戦より拝借。

 記事最初のSSは①のアドリア海での撮影。
 撮影した当時はカリブ経由になるとは全然考えていなかった。
 そして、情報を手にするため②のリスに寄り…。
 PF道具の耐久という、あんまり嬉しくない情報も入手したため…。
 ファロで道具を購入…。
 
 いざ行こうとすると、マルコの人がカリブで沈没船の引き上げをするという情報を入手。
 もしや発見物かもと思い、カリブ行きのテンションが上がった。
 ということで、③はカリブ~メキシコ湾上をうろちょろしながら地図を消化。
 そのうえでコッド岬沖に眠る沈没船を発掘。
 当初はハバナで探索する予定だったが…。
 予想外に遠くて、ナッソーで探索…。

 ↓探索時の様子
 ゾウクエ@
 ちなみに、今回の引揚者はピンク色のアイスまんじゅう氏ことイチゴアイス氏。
 交易品が殆ど無くてアイテムばっかりだったので、思わずアロンアルファでふさいでみた。

 この日は一行をドミンゴまで送って航海を終えた。
 翌日、ドミンゴから一気にわが領地である④へ行き道具を補充した。
 そこまでの航海は順調そのものだったが…。
 領土で数日間足止めを食らってしまった。
 その間、リスでは白昼堂々決闘が行われていたそうだ。
 なんとも、物騒な世の中である。

 領土を出た我々は、なんとか⑤のカリカットに到着した。
 2・3個情報を集めたらクエが終わってしまった…。
 つまり、今回のクエは情報を集めるだけのクエだったのである…。
 あまりのあっけなさに思わず…。
 (゚Д゚) ポカーン
 となったのは言うまでもない。
 なので、当然SSは撮ってない…。
 
 帰りは、例によってインド自慢のクエを受けつつ…。
 ソファラやカサブランカなどの生物地図を消化しつつ帰路についた。
 そして、本国に戻ったが…。
 何とも疲れのたまった旅であった。
 このまま終わるのもアレなので…。
 
 リアルに撮った写真を1枚。
 PICT0056リアル
 昨年、友人の結婚式で行ったイタ○ア村。(中に結婚式場があったのだ)
 それから半年くらいで…"(ノ_・、)"
 でも、そこで撮ったモザイク画のヴェネ紋章は今でも携帯の待受として使っている。
 …と思ったら、PCにも同じ画像があったので貼ってみた。
 033.jpg
 では、今回はこの辺で筆を置きたいと思う。

テーマ : 大航海時代Online - ジャンル : オンラインゲーム

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

リスボン-でつながるブログリング

リスボンに関するブログをまとめています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。