スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クスコ・マチュピチュツアー その1

 一昨日、僕の冒険と論戦のお師匠であるぽっけさん(今話以降:お師匠)と、同じ商会のかくかくさん(今話以降:かくさん)と3人でかのインカ帝国の首都たるクスコと、離宮であるマチュピチュへ行った。
 だが、一人では到底…いや間違いなく行くことができなかっただろう。
 そういう意味では、今回の「クスコ・マチュピチュツアー」を企画して頂いたお師匠と、一緒に参加したかくさんにはお礼の申しようがない。
 詳しく語りたいのだが…、ボキャブラリーのなさゆえ上手く話が伝わらないかもしれないが…。
 そのあたりは、まぁ…勘弁していただきたい(一応、推敲はしているのだが)。

 そして、この手の話は、いわゆるネタバレになると思われるので…。
 続きを見たい人はそれを承知で…(大したことはないのだが)。
 

 とりあえず…、今回はクスコ編。
 クスコに行くには、次のクエをこなさなければならない。 

 秘境の都(ポルトベロorリオデジャネイロの冒険者ギルド)
 難易度 10 必要スキル 視認9 考古学11 社交10
 エピソード“インカ編”を終わらせている必要あり(=キープ・カマヨックの称号)
 (クエ請負のSSを取るのを忘れてしまった…iii_| ̄|○iii)

 テノチティトランの時もそうだったが、クスコ・マチュピチュともに陸と海で戦がある。
 いきなり愚痴るのもあれだが、これだといわゆる非戦の人は永久に行けない気がするのだが…。
 そのあたり、運営はどう考えているのだろう…。
 まぁ、この地が西洋史の歴史に出てきた経緯などを考えると、致し方ないのかもしれないが。
 そうでなくても、海事を生業としない者にとってはなかなかきつい。
 今回のクスコ編では、重ガレオン10隻と海戦を繰り広げなければならない。
 こいつらは、装甲が固いうえに砲撃が痛かった…。

 以下、海戦のSSを載せてみる…。(クリックすると拡大できます)

 ①期待と不安を感じつつ、お師匠を旗艦にリマ出港。薄紫の帆の船が僕の船だ。
戦1

 ②戦いの始まり。この直後、お師匠がヴェネツィア海軍を呼ぶ。遠い遠い地中海から人件費のかかるうえ、喫水(=対波性能)の低いガレアスで援軍とは…ご苦労様ですm(_ _)m
戦2

 ③混戦模様の中、速攻で撃沈される…。沈められても、クエは達成できるのでご安心を…。(ここに生きた見本がいますから…)
戦3

 このあと、お師匠とかくさんと海軍の攻撃により、無事に勝利を収める(撃沈1隻)…。
 勝利を収めると、クエがこのように変わる。
 
 アンデスにそびえる都(リマ-冒険者ギルド)
 難易度 7 必要スキル 視認9 考古学11 社交10
 
 することと言ったら、門番に場所を聞き出し現地で視認するだけだ。
 もうあと一歩ということで、胸が高まる。
 そして…。
 inca3.jpg
 クスコ発見!(お師匠が)
 決定的瞬間(カードが出るあたり)を逃してしまったが…。
 感動のほうが上回ってたうえ、このときはしっかり撮れていたと思っていたので無問題だ。(え
 
 それはともかく、このあとは街中を観光をした。
 やたらとでかいトウモロコシを見たり…。
 inca6.jpg
 
 黄金で彩られた王宮(?)をバックに撮ってみたり…。
 (今までで一番アップで撮った自画像な気もするが…まぁ、気のせいであろう)
 inca4.jpg

 最後は、王宮(?)の入口らしき場所で記念撮影。僕が音頭を取って、3人思い思いのポージングをしている。
 inca5.jpg


 そして、そのまま離宮であるマチュピチュへ行くのであるが、それはまた別の機会に筆をとることにする。

テーマ : 大航海時代Online - ジャンル : オンラインゲーム

コメント

No title

ツアーご参加ありがとうございました!
また何かあればよろしくお願いしますね

No title

お師匠!こちらこそありがとうございました!!
また何かあったら、ぜひ声掛けてくださいませ><ノ
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。